パラリンピックの開会式にタケコプターは何故?答えと考察まとめ!

東京パラリンピックの開会式で、スタッフが被っていた帽子にプロペラが付いていて話題になっていますね。

このプロペラってどう見ても、ドラえもんの「タケコプター」では?

何故東京パラリンピックの開会式で、タケコプターが登場したのでしょうか?

その答えは、テーマの翼に関係がありそうです。

ということで、パラリンピックの開会式で、スタッフの帽子に何故タケコプターのようなものが付いていたのかの答えと考察をまとめました!

東京パラリンピックの開会式にタケコプター!

パラリンピック開会式
Twitterより

2021年8月24日に行われた「東京パラリンピック」の開会式で、スタッフの帽子に「タケコプター」が付いていて話題になっています!

各国の選手が入場する際に周りを囲んでいたスタッフの頭には、みんな同じ「タケコプター」のような物が着いた帽子がありました。

実際にアニメ「ドラえもん」のタケコプターなのかは分かりませんが、頭にプロペラといえばタケコプターですよね。

頭の上にプロペラが付いていて可愛い!

何故、この東京パラリンピックの開会式でタケコプターなのか、謎が謎をよんでいます。

東京パラリンピックの開会式にタケコプターの理由は?

東京パラリンピックの開会式で、スタッフがタケコプターらしきものを付けていた理由は一体何なのでしょうか?

タケコプターの理由はパラリンピック式典コンセプト!

東京パラリンピックの開会式で、スタッフの帽子にタケコプターらしきものが付いていた理由は、式典コンセプトが絡んでいる可能性が高いです!

東京パラリンピックの開会式のコンセプトは、「WE HAVE WINGS」

東京パラリンピック
Twitterより

8月24日にスタートする東京2020パラリンピックの開会式・閉会式のコンセプトが発表された。開会式は「WE HAVE WINGS」、閉会式は「Harmonious Cacophony」。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の4式典の共通コンセプト「Moving Forward」は既に7月に発表済みだ。

引用元:Advertimes

WE HAVE WINGS=私たちには翼がある

という点から、頭にプロペラを付けたと考えられます。

頭にプロペラがあるといえば、やはりドラえもんのタケコプターですよね!

開会式の中では空港関係の演出もあった!

開会式のコンセプト「WE HAVE WINGS」ということから、式典の中では空港や飛行機の演出もありました!

空港の滑走路もでてきましたよね!

東京パラリンピック開会式
Twitterより

そして、プラカードの左下には飛行機のマークもありました!

東京パラリンピック開会式
Twitterより

パラエアポートからスタートしたのも、式典テーマの「WE HAVE WING」からですね。

開会式のタケコプターにSNSでの考察は?

開会式で見たタケコプターに、SNS上ではさまざまな考察がありました!

空港がテーマだからプロペラ、正にその通りでしたよね!

この考察可愛いですね!

本当にみんなで飛んでほしい!

全体的に、ドラえもんを思わせますよね!

この考察はかなり深いです!

リオ閉会式からの伏線回収というのも実はあるのでしょうか?

パラリンピックの開会式にタケコプターの答えと考察まとめ

東京パラリンピックの開会式で、スタッフの帽子に何故タケコプターが付いていたのか答えと考察をまとめました!

タケコプターの答えは、

  • 東京パラリンピックの開会式コンセプト

でしたね!

SNS上の考察はさまざまで、みんな面白いものばかりでした!

おしゃれな開会式でしたよね!

error: