加藤清史郎が痩せて腹筋も割れるほどのスポーツ好きな大人に変身!

トヨタ自動車のCM「こども店長」でよく知られている、加藤清史郎さん。

1歳でデビューしてから、子役として大活躍してきた彼ですが、今や「こども店長」の可愛らしい印象とは違い、いつの間にか大人へと成長していました。

そして、スタイルも顔もとても痩せていてスラっと細い!

「痩せすぎてないかな、大丈夫かな?」とファンも心配になる程ですが、実は彼はスポーツ好きなようで、腹筋も割れているとか?

加藤清史郎さんの痩せている秘密、スポーツ好きなところを、小さな頃からのエピソードとともにまとめてみました。

加藤清史郎の小さい頃と痩せている現在

kodomo_tencho
kato_seishiro

加藤清史郎さんがトヨタ自動車のCMで「こども店長」として活躍していたのは、2009年からでした。

それから11年後の2020年、19歳になった加藤清史郎さんは、右側の画像のように「こども」イメージが全くなくなった俳優さんへと変身しています!

でもやっぱり顔のパーツや、印象的なえくぼはそのままに、大人になった感じですね。

違うのは、小さな頃のふっくらとした頬でしょうか。

現在はかなりほっそりとした印象がありますね。

加藤清史郎が痩せてる秘密はスポーツ好き

加藤清史郎さんは、自身も公言するほどのスポーツ好きだそうです。

特に昔から球技が好きで、様々なものに挑戦しているようで、高校時代にイギリスへ留学した際にもスポーツをされていました。

今までどんなスポーツをして、現在のような痩せてスレンダーな体になったのでしょうか?

加藤清史郎は野球で痩せた?

kato seishiro x baseball

加藤清史郎さんが幼稚園の頃、将来の夢に挙げていたのは

「警察官」、「野球選手」、「忍者」

の3つでした。

その中でも、「忍者」という夢が、2011年の主演映画「忍たま乱太郎」で早速叶ったんだとか。

そして、中学生になった時の夢は「野球選手」となりました。

どうしても野球がやりたかったけど、通っていた学校に野球部が無く、自分でメンバーを集めてまで夢を叶えたかったのですが、残念ながら人数もあまり集まらずに終わってしまったそうです。

クラブチームは週末の活動で、お仕事と重なるため入れなかったので、こちらも諦めたようです。

この野球経験からとても痩せたとは考えづらいですが、小さな頃からの夢だったので、素振りやキャッチボールを沢山されていたことでしょう。

野球は昔から大の阪神ファン

kato_seishiro x Hanshin Tigers

出身は神奈川県ですが、大好きな野球は小さな頃からずっと阪神ファン。

憧れの甲子園球場で、2011年に始めて始球式をしました!

忍たま乱太郎の格好で、当日もピッチング練習をしっかりしてからマウンドに立ったそうです。

この経験で、野球選手に更になりたくなったのかもしれませんね!

加藤清史郎はサッカーで痩せた?

中学を卒業後、加藤清史郎さんはイギリス(ロンドン)の名門演劇学校へ3年間留学をしています。

学校では、英語で演劇を学びながら、週末にはミュージカルを観に行くという、英語と演劇漬けの生活。

通っていた高校には、プロの選手やトレーナーを目指すような生徒が集まるサッカーコースがあり、その生徒たちに混ざって加藤さんもサッカー部に所属していたとか。

かなりハイレベルな仲間たちに囲まれながらのサッカーは、相当ハードだったようです。

そこでは、黙々とトレーニングを積んだようですので、かなり現在の痩せた体格形成に影響されたでしょう!

サッカーといえばかなりフィジカルが鍛えられますので、腹筋も割れますね。

加藤清史郎はハンドボールで痩せた?

加藤清史郎さんの主演映画、「ハンド全力」が2020年7月に公開となりました。

内容はSNSを中心としたハンドボールで、スポ根ものとは程遠いものですが、ハンドボール自体はかなり体力的にもタフなスポーツです。

ある程度筋力・体力が無いと映画撮影も難しいでしょう。

サッカーでも鍛えた体力もあり、ハンドボールに十分生かされた感じですね!

加藤清史郎がスポーツで痩せて腹筋割れも!

2018年に出演したドラマ「相棒」に出演された際の、チラッと見える腹筋がとても話題になりました!

小さい頃からスポーツ(特に球技)が大好きで、野球→サッカーと経験してきたスポーツ好きな加藤清史郎さん。

一見とても細くてスラっとした外見とは裏腹に、綺麗に割れた腹筋の登場にかなり驚きを隠せない人が続出!

ご紹介してきたスポーツの影響だけではないかもしれませんが、ここまで腹筋が割れるのは、なかなか鍛えているのは間違いないですね。

これからの加藤清史郎さんの活躍が、更に楽しみになりました!

error: