鍵山優真の出身校・クラブは?元五輪選手コーチの父と好記録連発!

2020年10月、待望のシニアデビューを果たした男子フィギュアスケートの鍵山優真選手。

男子フィギュアスケートといえば、世界的にも活躍する選手が増えてきて、毎年スケートシーズンが楽しみですよね?

毎年新しい選手が沢山出てくる中、羽生結弦や宇野昌磨の次世代という位置付けで、鍵山選手がとても注目されています!

そんな鍵山選手の出身校や身長などのプロフィール、そして鍵山選手が連発する好記録についてもご紹介します。

鍵山優真選手のプロフィール

kagiyama yuma

鍵山選手の簡単なプロフィールをご紹介します。

  • 名前:鍵山 優真(かぎやま ゆうま)
  • 出生地:神奈川県横浜市
  • 出身地:①富山県富山市 ②長野県軽井沢町 ③神奈川県横浜市
  • 生年月日:2003年5月5日
  • 血液型:O型
  • 趣味:ゲーム・YouTubeを観る・音楽鑑賞
  • 父:鍵山 正和(フィギュアスケートオリンピック元代表)

出生地は神奈川県横浜市ですが、父の仕事の関係で富山県や長野県(小学校3年生〜)に転居しているため、出身地がいくつか存在しています。

その後、中学1年生から、出身地の神奈川県横浜市へ戻ってきました。

ちなみに、父親はフィギュアスケートのオリンピック元代表選手「鍵山 正和」さんで、鍵山優真選手のコーチとしても、活躍中です。

鍵山優真選手が本格的にスケートを始めたのは、5歳頃からだそうです。

鍵山優真選手の出身中学はどこ?

鍵山優真選手は、プロフィールからも分かるように、中学1年生の時に長野県から神奈川県へ転居しています。

そのため、出身中学は「横浜市立六角橋中学校」でした。

ちなみに、中学時代に鍵山選手はなんと4回転サルコウを成功させています

六角橋中学校に通っている頃から、すでにフィギュアスケートで開花していました。

鍵山優真選手の出身高校はどこ?

2020年現在、鍵山選手は通信制高校「星槎国際高等学校横浜鴨居」に在学中です。

学習センターが鴨居駅から徒歩7分ほどの、ららぽーと横浜の近くにあります。

フィギュアスケートの練習に時間を割くためにも、通信制高校というのは賢い選択肢ですね。

All Japan figure skating

ちなみに、2019-2020シーズンで、鍵山選手は高校1年生で全日本選手権3位の表彰台!

宇野選手・羽生選手とともに写っていて、「次世代」を感じさせますね!

鍵山優真選手の所属FSC(フィギュアスケーティングクラブ)はどこ?

鍵山選手は、「神奈川FSC(フィギュアスケーティングクラブ)」に所属していました。

同世代の女子フィギュアスケート選手で注目の、「青木祐奈」選手もこちらの所属です。

フィギュアスケートといえば、浅田真央さんや安藤美姫さんで有名な名古屋や、羽生結弦さんや荒川静香さんで有名な仙台を思い浮かべますよね。

ですが、近い将来「神奈川」という地から、新たなスターたちが生まれそうな予感がしますね!

鍵山優真選手の身長や体重は?

鍵山選手って可愛らしいイメージですが、身長や体重は一体どのくらいなのでしょうか?

  • 身長:160センチ
  • 体重:51キロ

※2020年現在の数値です。

未だ高校生なので、身長が伸びる可能性もありますが、日本人男性としては平均よりも小さいほうですね。

また、160センチだと標準体重が56キロあたりなので、結構痩せています。

フィギュアスケートなら、標準体重より重くなることはあまりないかもしれないですね^^;

宇野昌磨選手が身長158センチなので、それよりも少し高い位です。

ちなみに、コーチをされている鍵山選手の父「鍵山正和」さんも、身長160センチですので、遺伝的にこの位の身長なのかもしれません。

画像で見てみても、鍵山選手とお父さんの身長はほぼ変わらない感じですね。

佐藤駿のコーチは今誰?身長や所属などプロフィールまとめ!

鍵山優真選手の好記録連発と今後のスケート

鍵山選手のスケートの特徴は、とても滑らかで美しく高いジャンプ。

GOE評価の高いエレメンツを積み重ねる事ができて、見栄えがありますね!

鍵山優真」選手が、特に注目を集めるようになったのが、2019-2020シーズンからではないでしょうか?

この2019-2020シーズンでは、全日本ジュニア選手権で1位、ジュニアながらに参戦した全日本選手権でも、宇野昌磨、羽生結弦に次いで3位

また、国際大会では、世界ジュニア選手権で2位、ローザンヌユースオリンピックで1位、四大陸選手権で3位

四大陸選手権に関しては、羽生結弦選手に続く歴代2位の若さでのメダル獲得でした!

更に更に、シニアデビュー後のシーズン2020関東選手権では、非公認ながらも世界歴代5位相当の287.71点をたたきだしました!!

更に更に更に、2020NHK杯では17歳で第1位

10代でのNHK杯優勝は、2012年の羽生結弦選手以来だそうです。

とにかく、ものすごい快進撃を続けてきております!

まだまだ伸び代がありすぎて、今後のスケートは4回転アクセルも期待できるのでは?

好記録続きの鍵山選手、今後の活躍が恐ろしい程楽しみですね^^

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。

error: