スポーツ

鍵山優真のコーチは父(正和)!元五輪選手の経歴&病気の影響は?

滑らかなスケーティングとレベルの高いジャンプが印象的な、男子フィギュアスケート「鍵山優真」選手。

これからどんどん好記録が期待できて、世界的にも活躍できる選手なのではないでしょうか?

その鍵山選手のスケートコーチは、実のお父様「鍵山 正和」さん

鍵山正和さんは、元オリンピック代表選手としても有名なんですよね。

そんな鍵山優真選手のお父様、「鍵山 正和」さんの元オリンピック代表選手としての経歴や病気の影響などのプロフィールをまとめてみました!

鍵山優真選手の父「正和」さんのプロフィール

kagiyama masakazu

鍵山優真選手とお父様の鍵山正和さん、親子なだけあってやはり似てますね。

目の感じとか、そっくりです。

鍵山優真選手のお父様、「鍵山正和」さんのプロフィールをご紹介いたします。

  • 名前:鍵山 正和(かぎやま まさかず)
  • 生年月日:1971年4月12日
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 高校:愛知工業大学名電高等学校(愛工大名電)
  • 大学:愛知工業大学(中退)

フィギュアスケートで大会に出た記録が残っているのは16歳頃からで、スケートを何歳頃から始めたのかは不明です。

愛知県出身の愛知育ちだったんですね。

鍵山優真選手の父「正和」さんのフィギュア現役時代

続いて、鍵山正和さんのフィギュア現役時代の記録達です。

当時の日本男子フィギュアのレベルから考えると、かなり活躍されていた選手のようでした!

フィギュアスケート全日本ジュニア選手権

  • 1987−1988 1位
  • 1988−1989 1位

フィギュアスケート世界ジュニア選手権

  • 1988−1989 3位

フィギュアスケート全日本選手権

  • 1989−1990 2位
  • 1990−1991 1位
  • 1991−1992 1位
  • 1992−1993 1位
  • 1993−1994 2位

世界選手権

  • 1990−1991 10位
  • 1991−1992 19位
  • 1992−1993 8位
  • 1993−1994 6位

オリンピック

  • 1992年 アルベールビルオリンピック 13位
  • 1994年 リレハンメルオリンピック 12位

全日本選手権では、3年連続の1位!

ですが、全日本で優勝した選手でも、世界選手権に出ればなかなか破れない壁がありました。

現在では、世界の舞台で表彰台に登れる選手も増えて、日本のフィギュアもだいぶ変わったんですね。

鍵山選手は、何度か世界選手権にも出場し、1993−1994の年には、6位入賞を果たしています。

また、オリンピックには2度も出場!

ちなみに諸説ありますが、「日本人初の4回転ジャンパー」とも言われていますね!

当時の男子フィギュア界を背負っていたんでしょうね。

鍵山正和さんのフィギュア同世代に伊藤みどりさんも!

鍵山正和さんが選手として活躍していた頃、同世代の女子フィギュアスケートに「伊藤 みどり」さんもいました!

正和さんが全日本選手権で3年連続1位の時も、女子の1位は伊藤みどりさんでした!

伊藤みどりさんといえば、「ジャンプの申し子」とも言われ、鍵山正和さんと一緒に出場したアルベールビルオリンピックでは、見事銀メダルを獲得!

その時のトリプルアクセルとスマイルがとても印象的で、その後のスケーターにも大きな影響を与えてきました。

ito midori

鍵山正和さんも、選手時代はこんなにハイレベルなスケーターと切磋琢磨してきたんですね!

鍵山優真選手の父「正和」さんが病気に?

鍵山正和さんですが、現在杖を使っています。

こちらは、2019年のフィギュアスケート全日本ジュニア選手権に、息子である「鍵山優真」選手が出場し、優勝した時のフリー演技後の様子です。

喜びに満ちた優真選手を、正和さんが感極まりながら迎えているようすです。

ただ、左手をぎゅっとにぎりしめたままで、右側には杖が置いてありました

何か病気が原因なのでしょうか?

鍵山正和さんは2018年1年間は闘病生活?

2018年シーズン、鍵山正和さんは優真選手のコーチとして、大会で見る事はありませんでした。

そして、2019年での大会で見せた杖を持って歩く姿。

鍵山優真選手も、「前回は父親は病気でこれなかったけど・・・」と言っていたので、恐らく2018年の1年間は闘病生活だったと考えられます。

そして、左手をぎゅっと丸めたままと言う点と、杖を使って歩くという点から、病気は「脳梗塞」だったのでは?と考察されます。

実際のところ、本人から公表されたわけではないので、あくまで考察というのが現状ですね。

鍵山優真選手の父「正和」さんの現在&まとめ

鍵山正和さんは現在杖を使いながらも、「鍵山優真」選手の大会に姿を見せています。

なので、恐らく病気からは復帰したものの、後遺症と戦いながらも息子のコーチに専念されていると言えますね。

息子の鍵山優真選手のコーチであり、頼もしいお父さん。

二人三脚での、今後の鍵山優真選手の活躍と正和さんのコーチぶりが楽しみです!

error: