石倉洋子の経歴にデジタル関連は?オードリータンとの繋がりとは?

2021年9月1日に発足したデジタル庁で、デジタル監に就任した石倉洋子さん。

就任直後に画像の無断転用が発覚して話題になっていますね。

そんな石黒洋子さんの経歴は想像を超えるほどの素晴らしいものなのですが、その中にデジタル関連の仕事はあったのでしょうか?

調べてみると、石倉洋子さんは台湾のデジタル大臣「オードリー・タン」と繋がりがあるようでした。

石倉洋子さんの経歴やデジタル関連の経歴について、またオードリー・タンさんとの繋がりについてもご紹介します!

石倉洋子の華麗なる経歴

石倉洋子
Twitterより

石倉洋子さんの経歴がすごい!

まずは、そんな経歴からご紹介します。

  • 1971年3月 上智大学外国語学部英語学科卒後、フリーで通訳
  • 1980年5月 バージニア大学大学院経営学修士(MBA)取得
  • 1985年7月 ハーバード・ビジネス・スクール経営学博士(DBA)を日本人女性で初めて取得
  • 1985年4月 マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社で世界の企業戦略等コンサル
  • 1992年4月 青山学院大学国際政治経済学部教授
  • 1996年3月 エイボン・プロダクツ株式会社取締役
  • 2000年4月 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授
  • 2001年2月 第1期中央教育審議会委員
  • 2004年4月 ボーダフォンホールディングス株式会社社外取締役、日本郵政公社理事
  • 2005年10月 第20期日本学術会議副会長
  • 2006年6月 商船三井社外取締役
  • 2008年1月 総合科学技術会議議員
  • 2010年6月 日清食品ホールディングス社外取締役、富士通社外取締役
  • 2011年4月〜2014年3月慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
  • 2012年4月 一橋大学名誉教授
  • 2012年6月 ライフネット生命保険株式会社取締
  • 2014年6月 双日社外取締役
  • 2015年6月 資生堂社外取締役
  • 2019年6月 積水化学工業社外取締役
  • 2020年5月 TSIホールディングス社外取締役
  • 2021年9月 デジタル監

最初に始めたのはフリーの通訳ですが、その後MBAに加えてDBAも取得してから怒涛の勢いで様々なお仕事をされています。

太字で記してあるのは「社外取締役」です。

石倉洋子さんは、社外取締役という役職がかなり多かったようですね。

社外取締役の役割は?

オフィスイメージ
MEMO
社外取締役とは
取引や資本関係のない社外から入ってもらう取締役のことです。社内で昇進した取締役とは違い、斬新なアイデアや社内の利害関係にとらわれない意見が期待でき、経営の透明性向上にもつながります。

石倉洋子さんの役職の中には、9つの企業で社外取締役がありました。

社外取締役として、石倉さんのグローバルな意見やアイデアがとても好評だったために、9社もの社外取締役に招かれたと考えられますね。

石倉洋子のプロフィール

石倉洋子
Twitterより

石倉洋子さんのプロフィールをご紹介します。

  • 名前:【旧姓】石倉 洋子(いしくら ようこ)/栗田 洋子(くりた ようこ)
  • 出身地:神奈川県足柄下郡箱根町
  • 生年月日:1949年3月19日
  • 出身小学校:鎌倉市立御成小学校
  • 出身中学校:フェリス女学院中学校
  • 出身高校:フェリス女学院高等学校
  • 出身大学:上智大学外国語学部・バージニア大学大学院修了・ハーバード大学経営大学院修了
  • 専門:経営戦略・競争力・グローバル人材・SDGsなど

石倉洋子さんの専門は、主に経営戦略やグローバル人材育成などがメインですね。

2021年現在72歳ですが、年齢以上にものすごいキャリアの持ち主ですね!

石倉洋子の経歴にデジタル関連はある?

vodafoneロゴ
PEGAより

デジタル監に就任した石倉洋子さんの経歴の中に、デジタル関連の経歴があるかどうか調べてみました!

  • ボーダフォン
  • 富士通

このあたりは社外取締役として活躍していますが、実際にデジタル関連の物を取り扱い、DX(デジタルトランスフォーメーション)を目指している会社ですね。

会社としてデジタル関係のものを扱っていなくても、現代の経営戦略の中で「デジタル」は避けて通れませんから、社外取締役としてしっかりと知識はもっていそうです。

公式サイト立ち上げは2007年!

石倉洋子さんは、自身のサイトを2007年にwordpressで作成しています!

2007年と言えば、初めてiPhoneが発売された年です。

現在は日本でも圧倒的なシェアを誇るwordpressですが、2007年当時は個人ブログを立ち上げるのにwordpressを使用する人も少ない時期でした。

更に、現在のようにウェブ上にwordpressに関する情報もあまりなかったはずです。

この頃からサイトをご自身で立ち上げてるのは、本当にすごい努力ですね!

デジタル監の画像無断転用が発覚!

石倉洋子さんが、自身のサイトで使用していた画像について「商用画像を不正に利用している」という声がSNS上であがりました。

そのため、石倉さんはサイト謝罪して、サイト事態も一旦閉鎖しています。

SNS上で話題になり、画像を提供している「PIXTA」からも直接石倉さんにメッセージが送られたようですね。

この件をきっかけに、石倉洋子さんに対し世間からは「デジタル監大丈夫?」といった厳しい声があがりました。

基本のことがわかってなくてデジタル監なんて大丈夫なのか…
これから引っ張って行こうと言うデジタル監がこれで大丈夫か?

デジタル監の仕事は大丈夫?

石倉洋子さんはデジタル監に就任しましたが、その仕事内容としては「適任」と言えそうです。

デジタル庁発足
デジタル庁公式サイトより

2021年9月1日に発足されたデジタル庁は、デジタル大臣に平井卓也氏(画像向かって右側)、石倉洋子さんはデジタル監に就任しました。

デジタル庁は、国・地方行政のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的としてIT分野を担当する部門です。

石倉洋子さんが担当するデジタル監については、

デジタル大臣に進言等を行い、かつ、庁務を整理し、各部局等の事務を監督する内閣任免の特別職として、デジタル監を置く。

引用元:デジタル改革関連法案について

このように説明されています。

これは、今まで複数の企業で担当してきた「外部取締役」や取締役の経験をそのまま生かせるものと考えられます。

確かに、商用画像使用のミスはありましたが、役職としては実際にプログラミングするわけではなく、ビジネスで結果を出すために導く立場です。

そういった意味でも、デジタル監としては期待ができるのではないでしょうか?

石倉洋子の経歴にオードリー・タンとの繋がり

石倉洋子さんを検索すると、オードリー・タンさんの名前が出てくるので調べてみました。

実は、石倉洋子さんは台湾のデジタル大臣「オードリー・タン」さんと40分間の対談をしていたのです!

この2人の対談では、日本のDXについて結果を出すために重要な事やビジネスについてなど、幅広いテーマで話しました。

石倉洋子さんはもちろん全て英語で話していますが、とにかく英語が上手でネイティブレベル!

日本のデジタル監にとって、オードリー・タンさんはとても重要な相談相手ですよね!

石倉洋子の経歴にデジタル関連&オードリータンとの繋がりまとめ

デジタル監に就任した石倉洋子さんの経歴や、デジタル関連の経歴、そしてオードリー・タンさんとの繋がりについてご紹介しました。

石倉洋子さんの経歴については、

  • 外部取締役がとても多い
  • デジタルを扱っている企業もあり

といったことがわかりました。

今後のデジタル監「石倉洋子」さんの活躍に期待していきましょう!

error: